商品解説

リグロースラボM15にミノキシジルはどれぐらい入っているか?

投稿日:2019年3月21日 更新日:



リグロースラボM15について

リグロースラボM15は、2018年に発売された海外の最新の育毛剤ブランド「リグロースラボ」の商品で、ミノキシジルが15%含まれている商品です。

このミノキシジル15%含有というのは、ミノキシジル育毛剤の中ではかなり高い濃度です。

ミノキシジル濃度ランキング

ランク 商品画像 商品名 ミノキシジル濃度
1 フォリックスFR16クリーム ミノキシジル16%
2 フォリックスFR15ローション ミノキシジル15%
2 リグロースラボM15 ミノキシジル15%
3 フォリックスFR12ローション ミノキシジル12%

上記がミノキシジル濃度別の育毛剤ランキングです。

ミノキシジルの最高濃度はフォリックスFR16クリームですが、リグロースラボM15のミノキシジル15%は2番目に濃度の高い育毛剤となっています。

ミノキシジルタブレットのパワーとミノキシジル含有量

では、このリグロースラボM15には一体どれぐらいのミノキシジルが含まれているのでしょうか?

育毛剤で比較すると確かに高いミノキシジル濃度を誇るリグロースラボM15ですが、ミノキシジルの最高峰とえばやはり「ミノキシジルタブレット」です。

ミノキシジルタブレットは口からミノキシジルを内服することで、高い発毛効果が得られるものです。

アメリカでも高血圧の薬として承認されているため、口から飲むこと自体は問題がありませんが、病気でもないのに薬を飲むことに抵抗がある人も多いでしょう。

では、この抜群の発毛力のあるミノキシジルタブレットと比較して、このリグロースラボM15に含まれているミノキシジルは、どれほどの量でしょうか。

ミノキシジルタブレットは、もともと高血圧の内服薬として承認を受けています。

錠剤は2.5mg、5mg、10mgの3種類の錠剤が承認を受けており、1日は最大10mgまでの服用が許可されています。

*ただし、いきなり1日10mg服用せず少しずつ量を増やす飲み方が推奨されています。

ミノキシジルタブレットとリグロースラボM15それぞれの、1回あたりのミノキシジルの量は以下の通りです。

商品画像 商品 1日当たりミノキシジル容量
リグロースラボM15 ミノキシジル300mg
ロニテン10mg/ノキシジル10mg ミノキシジル10mg

*ミノキシジルの質量は水の質量と同等と仮定しています。

リグロースラボM15の計算式は以下の通りです。

  • リグロースラボM15の1日使用量2ml
  • リグロースラボM15のミノキシジル濃度15%

*水の場合、質量は1ml=1gで、ミノキシジルも水と同じ質量として想定しています。

リグロースラボ2ml*ミノキシジル濃度0.15%=ミノキシジル0.3g(ミノキシジル300mg)

この差を見ると、ミノキシジルの内服薬は最大10mgですが、育毛剤で利用する場合は300mgも頭に塗布していることになります。

外用薬と内服という違いがあり、一般的には外用薬のほうが体への影響が少なくなるので、育毛剤のほうにミノキシジルが多く含まれていることはふしぎではありません。

また成分によって効果の出方も違うので、この情報だけで正確なことはあまり何も言えませんが、リグロースラボM15にはミノキシジルがかなりしっかり含まれていることは間違いありません。

リグロースラボM15
[ミノキシジル15%]

Sapphire Healthcare (サフィアヘルスケア)

リグロースラボM15はミノタブよりもリーズナブルか?

ミノキシジルタブレットとミノキシジル育毛剤は、服用の仕方が違うため、ミノキシジルの量が同じでも違っていても、それがどれぐらい効果に影響を与えるかはわかりません。

しかし、ミノキシジル育毛剤であるリグロースラボM15にも、かなりしっかりとミノキシジルが含まれていることがわかりました。

そうすると、ミノキシジル1mgあたりの金額も比較してみたくなりますね、

下記が、ミノキシジル1mgで比較した際の金額です。

商品画像 商品 1mgあたり金額
リグロースラボM15 0.389円
ロニテン10mg/ノキシジル10mg 3.3 円

*リグロースラボM15は60mlを1本、ノキシジル10mgは100錠入り1箱を買った時の金額で差を比較しています。

1回に使う量が大きく違うので、1mg当たりの金額が大幅に安くなることは想像できますが、具体的な差としては約10倍ほどとなりました。

リグロースラボM15に含まれるミノキシジル1mgは、ミノキシジルタブレットの最安値といえるノキシジル10mgをもってしても、1/10程度の値段です。

ミノキシジルの値段的には、リグロースラボM15は非常にお得な商品であるといえるでしょう。

リグロースラボM15を利用する際に注意すること

上記から、リグロースラボに含まれるミノキシジルは、ミノキシジルタブレットであるノキシジル10mgをはるかに上回る量であることがわかりました。

ということは、その分取り扱いも細心の注意を払わなければいけませんね。

もちろん口から飲むことは絶対にいけませんし、誤って入ってしまっても非常に危険です。

血圧を下げる効果があり、また循環器に大きな影響を及ぼす成分のため、大量に体内に取り込んでしまうと非常に危険です。

また、目などから体に入ったりすることも、非常に危険です。

頭に傷がついている場合なども、少し塗布したぐらいですぐ利用を中止すれば一応は大丈夫ですが、最新の注意を払いたいところです。

改めて、ミノキシジルが非常に多く含まれていて、取り扱いには気をつけなければならない育毛剤であることを理解しておきましょう。

リグロースラボM15
[ミノキシジル15%]

Sapphire Healthcare (サフィアヘルスケア)

-商品解説

関連記事

リグロースラボ7HPは特徴が盛沢山のミノキシジル育毛剤!

リグロースラボ7HPは特徴が盛沢山のミノキシジル育毛剤!

リグロースラボは、現在最新鋭の育毛剤ブランドといえます。 大人気だったポラリスとその後継ブランドである「フォリックスシリーズ」は、ミノキシジルのほか様々な育毛成分を配合しているところが特徴でしたが、リ …

飲むミノキシジル「ミノタブ」は安全か?

飲むミノキシジル「ミノタブ」は安全か?

薄毛に悩んでいる方であれば、飲むミノキシジル、通常「ミノタブ」という名前を聞いたことがあるでしょう。 ミノタブはミノキシジルタブレットの略で、要はミノキシジルをタブレットとして、口から飲むものです。 …