成分解説

デュタステリドはフィナステリドと何が違うのか

投稿日:2019年2月26日 更新日:



デュタステリド(Dutasteride)が日本で男性型脱毛症(AGA)の治療薬として承認を受けたのは2015年です。

薬名は「ザガーロ」という名前で発売されています。

実際は販売元メーカー「グラクソスミスクライン(GSK)」の諸事情によって、購入できる病院がまだ少ないと言われています。

しかし、満を持して販売された最新の薄毛治療成分で、フィナステリド(Finasteride)よりも効果が高い可能性があります。

ここでは、この「デュタステリド」と「フィナステリド」の違いについて、解説します。

デュタステリドとフィナステリドの共通点とは

まず、違いを理解する前に、この二つの成分の共通点だけ理解しておきましょう。

薬のターゲットは男性型脱毛症(AGA)であり、また名前が似ているとおり、薬の働きも似ています。

男性型脱毛症(AGA)のメカニズム

男性型脱毛症(AGA)の原因は悪性の男性ホルモン(ジヒドロテストステロン:DHT)です。

この「悪性」の男性ホルモンというのは、通常の男性ホルモンが変化して体内で生まれます。

通常の男性ホルモンであれば髪の毛に特に影響はありませんが、この悪性の男性ホルモンになった場合、髪の毛が抜けやすくなるように働きかけるのです。

つまり、この悪性の男性ホルモンが体内で増えれば髪の毛が薄くなり、体内で増えることを抑制すれば、髪の毛ははげにくくなります。

人によって髪の毛が薄かったり多かったり、若くからはげてしまう「若はげ」の症状がでるのは、この「悪性」の男性ホルモンが生成される量が人によって様々だからです。

若くから薄毛になってしまう人は、体内でこの悪性の男性ホルモンが生成されやすいタイプの人です。

どうすれば悪性の男性ホルモンを減らせるのか

この薄毛の原因である悪性の男性ホルモンが体内で増えることを抑止するには、理論上様々なアプローチが考えられます。

その中でも、男性ホルモンから悪性の男性ホルモンに変換を行っている酵素が体内にあり、その酵素の働きを抑止すれば悪性の男性ホルモンが減らせる、というのが、「デュタステリド」や「フィナステリド」両成分の狙いです。

この悪性男性ホルモンを生成する原因となっている酵素は「5αリダクターゼ」と呼ばれます。

「デュタステリド」と「フィナステリド」は「5αリダクターゼ」の働きを抑える成分

この「デュタステリド」と「フィナステリド」の共通点は、この「5αリダクターゼ」を狙った成分であるということです。

5αリダクターゼの働きを止め、悪性の男性ホルモンの量を減らすことで、髪の毛が抜けにくい環境を作り、薄毛を阻止します。

この働きからもわかりますが、両成分の働きはあくまでも「男性型脱毛症(AGA)の原因を阻害」であり、ミノキシジルのように「発毛」ではありません。

結果的に髪の毛が生えてくることになりますが、ミノキシジルは髪の毛そのものの数を増やすような働きをするのに対し、「デュタステリド」や「フィナステリド」は薄毛の原因をブロックし、あとは本人が持っている髪の毛の成長力にゆだねることになります。

余程のことがなければ、この悪性の男性ホルモンを減らしたタイミングで、多くの男性型脱毛症(AGA)患者は髪の毛が少しづつ生えてくるようになるでしょう。

「デュタステリド」と「フィナステリド」の違いは何か

では「デュタステリド」と「フィナステリド」は何が違うのでしょうか。

大雑把に言うと、「デュタステリド」は二つの原因に作用し、「フィナステリド」は一つの原因に作用する、ということです。

先ほど両成分とも「5αリダクターゼ」をターゲットにした薬であることは紹介しました。

しかし、実はこの「5αリダクターゼ」自体に、I型II型という2種類が存在しているのです。

それぞれ、このI型とII型に対する働きが違うのです。

デュタステリド 5αリダクターゼのI
型とII型の両方をブロック
フィナステリド 5αリダクターゼのI
I型のみブロック

つまり、両成分とも悪性の男性ホルモンが増えないように「5αリダクターゼ」をブロックする働きをしますが、フィナステリドがそのII型の1種類のみに作用するのに対して、デュタステリドはそのI型とII型の両方に作用するのです。

これが、最新の育毛成分「デュタステリド」と従来の「フィナステリド」の違いです。

この違いはどう理解したらよいか

では、「デュタステリド」は「フィナステリド」と違い二つのタイプをブロックするので、2倍効果があるという風に理解してよいのでしょうか?

実は、そうではありません。

なぜかというと、5αリダクターゼのII型のほうが、より多くの男性ホルモンを「悪性の男性ホルモン」へ変換している可能性があるからです。

フィナステリドは男性型脱毛症(AGA)を実際に改善している

フィナステリドを含む「プロペシア」が発売をされる際に、製造元である製薬企業「MSD」は販売の承認を取りましたが、その際の研究結果の報告では「5αリダクターゼII型」をブロックすることで「男性型脱毛症(AGA)」が改善し髪の毛が生えるというものです。

そして、実際にそれが事実であったからこそ、プロペシアは承認を受け、かつ多くの病院や診療所で取り扱われ、今でも多くの人が利用しているのです。

確かに5αリダクターゼI型のほうも、悪性の男性ホルモンを生み出す原因になっている可能性は十分あります。

しかし、I型までブロックしなくても、薄毛は改善されてしまう可能性は十分あるのです。

デュタステリドが発売される際の研究結果の報告

では一方のデュタステリドは、フィナステリドの後発として登場することになり、また上記のような前提があって、なぜ成分の承認をとって販売をしたのでしょうか。

デュタステリドが販売される際の研究結果の報告では以下のようになっています。

まず、5αリダクターゼII型をブロックしているのは間違いがないため、男性型脱毛症(AGA)に対する改善効果はしっかりと示されています。

ここまではフィナステリドと大差がないでしょう。

そして、フィナステリドを利用した人と、デュタステリドを利用した人の比較による調査も行っています。

この調査によると、大幅ではないものの、デュタステリドを使った患者の人たちのほうが、多少髪の毛が多く生えたり、あるいは多く髪の毛が生えたと感じる、と報告をしています。

もちろん劇的な変化は示されず、少し良いかもしれない、という程度です。

デュタステリドは、フィナステリドよりも働きの作用が広い分、少し改善効果も高いですよ、という点がアピールポイントとなっているようです。

どんな人がデュタステリドを使うべきか

では、この違いを理解したうえで、どんな人がこの「デュタステリド」を使うべきでしょうか。

デュタステリドはフィナステリドと比較すると、金額が少しだけ高くなります。

そのため自分が使うべき人なのかどうか、考えてから使ってみるとよいでしょう。

  • 金額は気にしないので、とにかく男性型脱毛症(AGA)を改善したい
  • フィナステリドを使ったがあまり効果を感じられなかった
  • フィナステリドを長く使っている

多少高くてもよいので、とにかく薄毛を改善したい場合は、デュタステリドをファーストチョイスにしてもよいでしょう。

また、フィナステリドが効果が感じられなかった場合は、確かに5αリダクターゼI型がより男性型脱毛症(AGA)に関与している可能性があります。

また、フィナステリドを長く使っていると耐性がでる可能性がゼロではないので、デュタステリドに切り替えると、幾分か効果が改善される可能性もあります。

上記のような方であれば、デュタステリドの利用も検討するとよいでしょう。

個人輸入できるデュタステリドは以下の通りです。

デュタボルブ(デュタステリド)0.5mg 購入する
デュマン(Duman)0.5mg 購入する
[アボルブジェネリック]ベルトリド(Veltride)0.5mg 購入する

-成分解説

関連記事

no image

ミノキシジルタブレットの評判はどうか

ミノキシジルタブレットは最も育毛効果が高いものと言われています。 ネット上でもよく「ミノタブ(ミノキシジルタブレットの略)」は最強、といった評判を見かけます。 しかし一方で副作用があり危険では?という …

コロストラムミルクの効果は?リグロースラボの育毛シャンプー&トリートメント

コロストラムミルクの効果は?リグロースラボの育毛シャンプー&トリートメント

大人気育毛剤シリーズのリグロースラボから、育毛シャンプーと育毛トリートメントが登場しました。 この両商品の注目ポイントは、両方ともに含まれている成分「コロストラムミルク」です。 どんな効果がある成分な …

no image

ミノキシジルは病院や薬局で購入できるのか?

ミノキシジルは育毛剤の主要な成分ですが、どこで購入できるのでしょうか? 実は「病院」、「薬局」、「通販」など、様々な場所で購入できる可能性があるのですが、購入できる商品は少し違っています。 どんな場所 …

ミノキシジルジェネリックはどんなものがあるのか?

ミノキシジルジェネリックはどんなものがあるのか?

ミノキシジルはすでに特許が切れており、どの製薬企業もミノキシジル入りの育毛剤やミノキシジル入りのタブレット錠剤(*日本では承認された実績はない)を作ることは可能です。 どんなミノキシジルジェネリックが …

アデノシンとミノキシジルの関係とは

アデノシンとミノキシジルの関係とは

最近「アデノシン」という育毛成分が登場しました。 このアデノシンは育毛成分としては、医薬部外品という位置づけに置かれています。 医薬部外品は、化粧品と医薬成分との中間のような存在です。 つまり、アデノ …